初めての転職における面接対策について

社会人になってからの初めての転職は、その後の人生を大きく左右します。転職に成功すれば希望通りのキャリアを築いていけるかもしれませんが、失敗すれば人生を台無しにしてしまう危険性もあります。だからこそ、初めての転職では企業選びを入念に行うのはもちろんのことですが、採用を勝ち取るためにしっかりと面接対策を施さなければなりません。

転職における面接で必ずと言って良いほど質問されるのが、勤めていた会社の退職理由です。採用する企業側にとって、なぜ前職を辞めてしまったのかは、最も気になる部分でしょう。あまりにも身勝手な理由で退職したのであれば、同様の理由で会社を辞めてしまう可能性があるという疑念がもたれます。採用の可否に直結する質問なので、答える内容は十分に検討する必要があるのです。実際に退職理由を考える時のポイントは、ネガティブな内容ではなく、ポジティブな姿勢を伝えることです。これまでのキャリアを御社で活かせるなど、前向きな内容でまとめる事が重要だと言えるでしょう。

初めての転職で考えておきたいもう1つの面接対策は、応募先となる企業について、事前に研究しておくことです。どんな理念のもとで仕事をしているのか、どのような分野に力を入れているのかなど、事前に調べられる部分はたくさんあります。企業研究を十分に行っておくことで、面接での突発的な質問にも、柔軟に対応できる可能性が高まります。事前の企業研究は入社の意欲を示すことにも繋がりますので、しっかりと実施しておく必要があるでしょう。