面接対策を十分にする

面接は採用を勝ち取る上で重要な関門であり、成功すれば良いですが失敗すれば望みは極端に低くなります。成功する為の対策としては、予想される質問を想定してきちんと応答できるようにすることです。

例えば、志望動機は確実に問われますので、その業界に関する課題や展望なども交えて話すと効果的です。一番問題なのは、どの会社にでも通用するような志望動機を伝えてしまうことです。社風が良い、やりがいがありそうな職場などはその典型的な例です。このような志望動機を伝えても、面接官からすると面白くありませんし魅力を感じることもありません。

そして、入社したらどのように活躍して利益を上げられるのかについて伝えるのも重要です。社会人は学生と違ってお金を生み出す存在なので、この点は常に意識する必要があります。会社内部のことは入社してみないと分からない部分もありますが、謙遜するような態度ではなく自分が会社の業績を上げるという意気込みが大事です。

時にはマニュアルにないような質問をされる可能性もあります。宇宙とは何ですか?という仕事とは関係無さそうな質問をされる時は、臨機応変に対応できる能力の有無を確認しています。なので突拍子のない質問でも分からないという回答で逃げるのではなく、頭の中で整理してから伝えなければいけません。その他にも雑談が始まったり計算問題が出されるなど色々な質問に遭遇するかもしれませんが、それらは全て何らかの意図があると認識する必要があります。